×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飼うなら子犬の方がしつけやすい

飼うなら子犬の方がしつけやすいです。その理由は、家族としての認識が強くなるからです。成犬の人が知能が高く賢いのですが、逆に戸惑いも大きくなってしまいます。今までの環境からの変化、飼い主や家族との優先順位に馴染みづらくなってしまうようです。犬も人間と同じく、年齢が低ければ低いほど適応できます。

大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)でも、自分の置かれた環境が変わると、戸惑ったり不安になってしまいますよね。ですが、正しいしつけ方をすれば、成犬でも子犬でも「良い子」にすることができます。

成犬は記憶(歌の歌詞にもよく登場しますが、あまり捉われていると今が疎かになってしまいがちです)力もいいので、くり返し同じしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)を繰り返さなくてもいいという利点もあります。

どちらの犬を飼う場合でも、大切なのは愛情です。

しかし、溺愛は禁物。可愛がるところは可愛がり、飼い主が上という立場を分からせなくてはいけない状況では強くしつけましょう。特に初めて犬を飼う方は、不安でいっぱいだと思います。

子育てと同じように、一緒に成長していくつもりで愛(ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神が大切です。何かと引き換えにということでは、取引になってしまいます)情をかけてあげましょう。

子犬の方がしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)やすいのは事実ですが、成犬だからといって手遅れというわけではありませんので、安心して下さい。