×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オシッコ、ウンチをしつける

犬にオシッコ、ウンチと言ったトイレトレーニングをしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)るには、以下の2つのコツがあります。

・失敗させない環境を作る
・タイミング良く褒める

これらの二つです。

まず、失敗させない環境を作るという点ですが、犬の寝床であるサークル内をできるだけ広めにしておくことが重要です。

犬は本来、巣穴で生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をしてきた習性があるため、出入り口以外をすっぽり囲まれたような寝床を好むわけです。

サークル内を広くするのは、寝床とトイレとの場所をできるだけ離すためで、その距離が近いと、区別が付きにくくなってしまうからです。

また、サークル(大学生の場合には、飲み会がメインであることも少なくないようです)内にトイレの場所を作ることで、他の場所での失敗を防ぐ事にも繋がります。

トイレの場所を覚えさせると言うよりもは、トイレシートそのものをトイレだと覚えさせた方が、外出時にも困ることがなくなります。

次に、タイミング良く褒めるという点ですが、一番ベストなタイミングは、排泄の最中、または、終わった直後です。

失敗したときに声を上げてしまったり、リアクション(アクション映画を観ていると爽快な気分になりますね)を取ってしまったりすると、犬が叱られていると勘違いして委縮してしまいますね。

または、逆に、飼い主のリアクションを面白く感じて、一種の遊びのように捉えてしまうこともあるでしょう。

飼い主の言動が、犬にとってマイナスな印象を与えて、よくない癖をつけさせてしまうことがあるので、その子の性格を見極めながら自分自身も気をつけるように心掛けてください。